介護関係の施設と仕事

介護関係の施設と仕事

介護関係の施設と仕事

介護関係の施設と仕事 介護老人保健施設とは


介護老人保健施設とは
介護老人保健施設とは、俗に老健施設といわれ、
寝たきりなどの生活を余儀なくされている高齢者でも、
病状が比較的安定し、病院での治療より、
むしろ看護・介護やリハビリテーションなど、
生活面での援助が必要な人に対し、家庭復帰を目指して、
介護、機能訓練の他、日常生活上のケアなどを行う施設です。
可能な限り、早く家庭・地域社会の生活に復帰できるよう、
一人一人のケアプランに基づき、リハビリテーション・
看護・介護などのケアを提供します。
介護老人保健施設を利用できるのは、
要介護1以上の人が対象となります。
専門の職員による、介護予防を含めた
教育・啓発活動など幅広い活動を通じ、
利用者、利用者の家族が、快適な、
一般人としての日常生活を送れるよう、
支援を行うのが、介護老人保健施設の
大きな役割となっています。

体の機能面では、体力や基本動作能力の確保、
レクリエーションなど様々な活動への参加の促進、
家庭環境の調整など、生活機能向上を目的に、
集中的なリハビリテーションを行います。
また、利用者の心身機能の低下を防止し、
家族の介護負担の軽減をはかるため、
デイケアサービス(通所リハビリ)や
ショートステイ(短期入所療養介護)
などのサービスも提供します。

リハビリテーションのための施設、
在宅復帰支援のための施設。こうした機能を兼ね備え、
総合的に、高齢者が快適な生活を取り戻せるよう、
援助を行う施設。これが、介護老人保健施設というわけです。
高齢化社会が益々進展する中、今後、
介護老人保健施設の役割はますます
重要となるのは間違いありません。