作業療法士(OT)とは

作業療法士(OT)とは

作業療法士(OT)とは

作業療法士(OT)とは


作業療法士(OT)は、日常生活に必要な動作の訓練や、
機能回復の訓練などが主な役割です。
歯を磨いたり、顔を洗ったり、靴を履くなど、
日常生活に必要な動作の訓練や改善を行い、
これに続き、手芸や粘土細工、楽器演奏などの
作業ができるように支援し、
実生活で支障ないくらいまでに
機能回復することを目指し、援助を行います。

様々な訓練を通じ、残された能力を最大限に引き出し、
回復後の自立生活、社会生活、職場復帰へ向けて身体条件、
精神条件を整えることを目指すという、
大切な役割を持つのが作業療法士なのです。
また、一連の仕事は、作業療法士だけでなく、
理学療法士と並んで医師の指示を受けると同時に、
多くの専門職のスタッフとリハビリテーションチームを組み、
連携を重視しながら療法を実践していきます。

理学療法士は、身体に障害を持つ人の
機能回復を手助けするものですが、これに対し、
作業療法士は日常生活に生かせる作業療法を提供し、
社会復帰の手伝いをするものです。

つまり、立つ、歩く、曲げる、伸ばすなどの
基本的な身体の動作回復を理学療法士が行い、
この後、回復した機能を手芸や工作などの
作業を通してより実践的に訓練するのが
作業療法士の仕事、となるわけです。

作業療法は、理学療法のあとを引き継いで
取り組む形になるので、
作業療法士の働く現場は理学療法士と同じく、
医療機関・医療と福祉の連携施設・福祉施設が中心となります。
今では、医療と福祉、二つの分野の連携が欠かせない時代ですが、
この二つの分野にまたがり、
リハビリの仕事を多岐にわたって行う人が、
作業療法士です。
社会全体でリハビリの重要性がますます高まる中、
作業療法士に対し、高齢者施設での
ニーズは今後更に高まることでしょう。



オンライン英会話を習得
オンライン英会話をマスターするならオンライン英会話 比較のサイトを
参考にスクールを選んでみてください。