介護老人福祉施設とは

介護老人福祉施設とは

介護老人福祉施設とは

介護老人福祉施設とは


介護老人福祉施設とは、特別養護老人ホームとも呼ばれ、
俗に、特養と呼ばれたりもします。
原則65歳以上の高齢者の、要介護者に対して
介護保険サービスを行なう施設です。
利用する要介護者に対し、介護サービス計画に基づき、
入浴・排せつ・食事等の介護、日常生活上の世話、
機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行ないます。

介護老人福祉施設が介護保険サービスを行なうには、
介護保険法に基づく都道府県知事の指定を受ける必要があり、
社会福祉法人でないと
開設することが出来ないことになっています。
さらに、介護老人福祉施設として
都道府県知事の指定を受けるには、
一定の基準を満たす必要があります。

基準には、医師、生活相談員、看護職員、栄養士、
ケアマネージャーなどの人員に関する基準がありますが、
看護職員に関しては、配置人数は、
入所者の数に応じていくつかに分けられています。

また、設備基準でも、従来型、ユニット型、
それぞれで、施設としての細かい基準が設けられています。
さらに、運営基準としても、いくつかの項目が決められています。
入居対象者としては、65歳以上の要支援1から
要介護5までの方が利用できます。
ただし、介護度に応じて
サービス内容に違いがありますので、
確認も必要となります。

介護老人保健施設は、家に帰すことを目的にしているのに対し、
特別養護老人ホームは、入所者にとっては生活の場であり、
事実上、生涯を終えることになる場でもある、
というのが大きな違いといえるでしょう。
ただ、実際には、特養の空きが出るまで、
老健を特養代わりに使うケースも結構多いようです。




育毛剤のポリピュア 激安は育毛剤のベストセラーです。