通所デイサービスとは

通所デイサービスとは

通所デイサービスとは

通所デイサービスとは


3<通所デイサービスとは>
通所デイサービスは、日帰りで、
利用者がデイサービスセンターに通い、
食事や入浴などのサービスや機能訓練(リハビリ)を受け、
これ以外にも、レクリエーションを楽しんだりして、
充実した時間を過してもらうための施設です。

家に引きこもりがちなお年寄りに、
社交の場を提供し、いろいろな人たちとの
触れ合いの場を提供することで、
孤独の解消や、ストレスの軽減、
精神面での維持向上を図ります。
これに加え、毎日介護を行っている
家族の負担軽減も大きな役割となっています。

通所デイサービスは、
1・小規模型デイサービス(利用定員が10名以下)
2・通常規模型デイサービス(利用定員11名以上)
3・療養デイサービス
4・介護予防デイサービス、
これら4種類あります。

このうち、療養デイサービス(療養通所介護)は、
2006年4月の介護保険法の改正に伴って導入されたサービスで、
医療ニーズと介護ニーズを併せ持ち、
難病や終末期にある人々が、
日中通うことで必要な看護や療養サービスを
受けることができる施設となっています。

デイサービスでの大まかな一日の流れとしては、
施設の車で家から施設までの送迎を行い、
施設に到着した後は、看護士などによる健康チェックや
介護スタッフによる入浴を行います。
こうしたことが済むと、軽く食事を摂ったりし、
休憩、レクレーションなどの時間を過ごします。
この後、同じように施設の車で、夕方頃に家に戻ります。

通所デイサービスは、通常の老人ホームと比べ、
まだあまり認知されていないかもしれませんが、
可能な限り、自分の家で、自分の力で生活をしながら、
必要に応じて、施設の世話になる、と言う形で、
有効に利用すべきものといえます。
何より、介護を行う家族の負担軽減にも、
デイサービスは意義があるものなのです。
今後は更に、デイサービスのサービス内容は充実化が求められるでしょう。




ダイエットで人気の商品骨盤ガードルは女性に人気の骨盤ダイエットガードルです。