ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは


ホームヘルパーは、福祉の仕事の中でも、
介護保険制度の導入に伴い、
最近最も注目されるようになってきた仕事です。
利用者の自宅または福祉施設で、
身体介護サービスや家事援助サービスを提供します。
主な仕事は、着替え、食事、入浴、排泄などの身体介護、
掃除、洗濯、買い物、調理などの家事援助、などが主です。

利用者は、寝たきりや認知症などの高齢者から、
肢体不自由者や重度の身体障害者、視覚・
聴覚・言語・内部障害者までさまざまで、
身の回りの介護や家事の他にも、
悩み事の相談やアドバイスなど、
精神的なケアも大切な役割となります。

さらに、担当する人の状況、家庭事情により、
身体介護の記録と保管、担当医・主治医・保健師との連絡、
病院への通院介助、デイサービス施設への付き添いなど、
やるべきことも多岐にわたり、比重も異なってきます。

利用者の生活の質(QOL)を高め、
いつまでも安心して暮らせるように援助し、
さらに要介護者と生活をともにする家族の介護負担の軽減が
一番の役割ということになります。
ホームヘルパーになるのに法的資格は必要ありませんが、
厚生労働省が定めた基準による
「ホームヘルパー養成研修」を修了した方が、
就職には有利となります。

2級からの受講も可能で、入門コースである3級よりも、
基本研修である2級の受講希望者が多いようです。
ホームヘルパーは、ホームヘルプサービスを行っている施設を通じ、
いくつかの利用社宅を回ってサービスを行うほか、
老人福祉施設、デイサービスセンターなどで仕事をしたり、
活躍する場も多く、年代も、若い人から主婦、
男性まで様々です。今後ますます人気の職業となることでしょう。





上半身は細いけど下半身が太い、そんな人は下半身をダイエットしてみませんか?