福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは


高齢化社会に進展に伴い、
バリアフリーという言葉も一般社会の中で浸透しています。
こうした中、高齢者、障害者にも済みやすい住環境作りを行うのが、
福祉住環境コーディネーターです。高齢者や障害者が、
実際に生活する家の中の生活面で不便があったり、
せっかくの福祉機器や介護道具が活用できなかったり、
といった問題を解消するのが役割です。

医療や福祉、建築などの専門家と連携し、
個々のニーズにあった住宅の整備を提案していくのが
福祉住環境コーディネーターの仕事です。

実際に家庭に足を運び、廊下と部屋の段差や、
トイレや浴室の状況など、
さまざまな面から日常生活に支障のあるところを把握し、
本人や家族との話し合いも行いながら、
快適に過ごせる住環境づくりのためのリフォームの計画を立てます。

こうした住宅環境の提案以外にも、
工務店やリフォーム会社、
福祉用具の販売店などとコンタクトを行い、
費用面での相談、さらに、
福祉の施策や補助金などについての情報提供を
行ったりするのも必要となります。

福祉、医療関係以外に、建築関連の知識も必要となり、
福祉住環境コーディネーターの仕事は
幅広い分野に及ぶのが分かるでしょう。
豊富な経験、知識も必要となる仕事なのです。

福祉住環境コーディネーターは
東京商工会議所が検定制度を設けていて、
1級、2級、3級があります。
学歴・年齢・性別・国籍は制限なしで、
誰でも受験できます。
3級に合格していなくても2級の試験が受けられ、
1級は2級合格者が受験できます。