理学療法士(PT)とは

理学療法士(PT)とは

理学療法士(PT)とは

理学療法士(PT)とは


高齢者でも、体の機能に障害がある場合、
リハビリは欠かせません。理学療法士(PT)は、
老化に伴い、身体機能に支障をきたすようになった高齢者に対し、
専門的な指導を行なって障害の回復や身体機能低下の予防を図り、
社会復帰できるように支援するのが役割です。
最近は特別養護老人ホームやデイサービスセンターなど、
高齢者のための福祉施設でも
理学療法士のニーズは急速に高まっています。
福祉施設では、今後も介護職員に次ぐ
重要な職種となっていくことでしょう。

療法の内容としては、手足の関節の動きを良くしたり、
筋力を回復させたりする 「運動療法」、
温熱、電気光線などの物理的な刺激を用いて、
痛みの軽減などの治療を行う「物理療法」、
実際の動作が円滑に行える様、
その動作を繰り返し練習する「日常生活活動訓練」などがあり、
こうした療法を最新の技術と理論をもとに行います。
また、車椅子、杖などの使用に関する助言も行ったりします。

理学療法士は、「理学療法士及び作業療法士法」
という法令で定められる国家資格の名称であり、
理学療法士になるには、国家試験に合格する必要があり、
受験には、高校卒業後に理学療法士養成学校または
養成施設で3年以上専門知識と技術を習得するか、
外国で学んだ場合、厚生労働大臣からその認定を受けるか。
これらが受験資格となります養成学校、
養成施設では最終学年時に、
病院やリハビリ施設での実習が行なわれます。
いずれの養成学校、養成施設でも、
卒業と同時に国家試験受験資格が与えられますが、
試験の難易度、資質の向上から、
今後は4年制大学卒の受験者が増えると思われます。

今後は、理学療法士も質が求められるとみられています。
質の高い治療計画・遂行能力に加え、
優れたコミュニケーション能力を備えた、
有能な理学療法士が増えていけば、より、
利用者個々に応じた優れた療法が提供できることになります。
こうしたことからも、ますます新しいニーズが生まれ、
可能性は未知数に広がる職業とも言われているのが、
理学療法士なのです。


口臭の事なら
口臭の原因と予防対策を紹介しているサイトです。